物事に対するあなたの姿勢が!いいえ、普段の姿勢の話。

立ち仕事と座り仕事

立っているのと座っているの、どちらが楽?と尋ねられれば大半の方は座っている方を選ぶのではなかろか。電車に乗ったら座りたいし、自宅でリラックスして映画なんて観る時も座っていたい。 ところがカラダにとっては座っている事が「楽」とは限らないらしい。例えば立った時の腰椎への負担を1とすると、座った時は1.4、座って前屈みになった時は1.85なのだそう。さすれば1日何時間も椅子に座ってキーボードかたかた叩いている私のカラダなぞはさぞかし疲労困憊なんだろう。お疲れ!カラダ。 デスクワークやドライバーなど座っての作業が続く方は腰まわりの筋肉が硬直しやすく、また同じ姿勢を続ける事で骨盤が後傾し、椎間板に圧力がかかる事も腰痛の引き金になりやすい。また、販売スタッフや看護師など主に立っての作業が続く方は背中の筋肉が引き伸ばされ腰椎の曲線が失われる事で腰痛を招く恐れもある。

物事に対するあなたの姿勢が!いいえ、普段の姿勢の話。

じゃどうすりゃいいの?

だってそういう仕事なんだからしょうがないじゃないか!と悲観的になったところで腰痛はやってくるもの、そこは事前に予防策を講じておきたい。その方法はやはり「まめ」にありそう。定期的に姿勢を変えて腰を伸ばしてあげる事。まめにストレッチを行って疲労物質を取り除いてあげましょ。 そう言えば時折タクシーの運ちゃんが車の横で腰をぐるぐる回しているのを見ますな。 お仕事に対するその姿勢、敬服致します。

スポンサーリンク




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする