Sony RX100M3が最強すぎる!(初号機持ちの羨望)

いやいや、ついに出てきましたねRX100M3。

事前の情報ではこのまま出てきたら最強すぎるだろ。と突っ込んでおりましたが、何だかんだで最強なままカナダのSony公式サイトから流出しとるではありませんか。
初号機持ちからしたら羨望の眼差しで目がキラキラしております。

rx100m3

デジカメinfoさんによるとRX100M3のスペックは下記の模様。

  • 有効20.1MP 1インチ ExmorR CMOSセンサー、アスペクト比3:2
  • レンズはツァイスVarion-SonnarT* 換算24-70mm F1.8-2.8 (3:2の時)
  • 最短撮影距離はワイド端で5cm、テレ端で30cm
  • ファインダーは0.39型 SVGA 有機EL144万ドットEVF、倍率0.59倍
  • BIONZ X プロセッサー
  • フラッシュ内蔵
  • AFはコントラストAF、AFポイントは25点
  • シャッタースピードはバルブ、30秒-1/2000秒(マニュアル時)
  • NDフィルターはオート、オン(3ステップ)、オフ
  • Wi-Fi内蔵、NFC
  • メディアはメモリースティック、SD/SDHC/SDXC
  • モニタは3インチ(4:3)、122.9万ドット、チルトは上に180度、下に45度
  • バッテリーはNP-BX1、撮影可能枚数は320枚(CIPA規格)
  • 動画フォーマットはXAVC S / AVCHD2.0 /MPEG-4 AVC(H.264)
  • 動画モードは XAVC S 50M(1920×1080/60p)、AVCHD 28M(1920×1080/60p)
  • ステレオマイク内蔵、マイクレベルは16段階、ウィンドノイズリダクション
  • 大きさ101.6mm x 58.1mm x 41.0mm
  • 重さ290グラム(バッテリー、メモリカード含む)

何この斬新なポップアップEVF

待ってましたよファインダー。

やはり写真はファインダーを覗きながら撮りたいものです。とは言え初号機にはそもそもファインダーはなく、更に外付けも不可で歯噛みしつつも、後継のM2では外付けで対応。
一瞬心が揺らいだものの、接続部のインターフェースがちょっと残念な外観な上に、電子ビューファインダー「FDA-EV1MK」が42,000円+税って何だよ!と、でもお高いんでしょ。って聞いてみたらほんとに高かったでござる。な状況に。

そこで見送っていたわけですが、なんですかM3!ファインダー内蔵だなんてファンタスティック!真ん中にないのはアレですが、これは構造上仕方ないのかと。

 rx100m3

くるっと回転チルトモニタ

上に180度で自分撮りも可能!と言われても、自分なんて撮りゃしないので不要ですが、チルトモニタは便利な場面も確かにあるので嬉しいっちゃ嬉しい。初号機はチルトどころか頑として動かないですからね。

 rx100m3

うほっ。明るい!

初号機やM2ではテレ端時F4.9でしたが、M3ではテレ端時F2.8と飛躍的に明るくなっていて、広角側も24mm相当。何気にNDフィルターも付いてる。。どうしましょう。悶え死にしそうな気がします。

BIONZ X?

イメージセンサーは1型CMOSと変わらずですが、画像処理エンジンがBIONZからBIONZ Xに進化との事。こちらはサンプル待ちでしょうか。

まるっと比較3・2・1

名称 DSC-RX100M3 DSC-RX100M2 DSC-RX100

イメージ
センサー

有効2020万画素 1型CMOSセンサー

レンズ 24mm~70mm F1.8-2.8 28mm~100mm F1.8-4.9 30mm~108mm F1.8-4.9
最短撮影距離 W5cm/T30cm W5cm/T55cm W5cm/T55cm
ISO感度 ISO160-12800 ISO125~6400

シャッター
スピード

30-1/2000秒 1-1/2000秒
ファインダー 0.39型144万ドット

(外付けEVF対応)

液晶モニター

3型122万ドット
チルト液晶(上180°、下45°)

3型122万ドット
チルト液晶(上84°、下45°)

3インチ122.9万ドット
動画撮影 1920 X 1080
付加機能 Wi-Fi/NFC

インター
フェース

USB/HDMIマイクロ/マルチインターフェース USB/HDMIマイクロ
サイズ  101.6×58.1×41.0mm  101.6×58.1×38.3mm  101.6×58.1×35.9 mm
重量  290g  281g  213g

Twitterでの反応は?

スポンサーリンク




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする