突然お葬式って言われても困るのだ。

そろそろいい歳になってきたので叔父叔母もそこそこ高齢、当方遅めの子とあって両親もそこそこ高齢。この年末年始、何があったか母方の叔父、そして母方の別の叔父と続けざまに亡くなってしまった。年齢も年齢なので大往生で周りも比較的冷静だけど葬儀に慣れていないせいか、手続きや処理、さらには高額な葬儀代に驚くはめに陥り何かと調べ中。

お葬式の相場って?

そんな話を友人としていると友人の父が先般お亡くなりになったらしい。長い人生色々あったようで今現在は籍が別なのだが引き取り手がないため、友人宅に自治体から連絡があったそうな。籍は別だが父は父、身内だけで葬儀をあげ見送ったとの事。と、そこまではいいのだが、続く話は高額な料金の事。

病院から紹介された葬儀業者に任せて、病院からの搬送・安置・手続き・納棺・出棺・火葬・法要まで一括で行ってもらったそうなのだが、どうやら100万近くかかったらしい。さらに籍が別ということで同じお墓に入れるのもどうかとなり、永代供養をお願いしたが運悪く空いているお寺がない。自宅に置いておくのも躊躇われるので業者にお骨を預かってもらう事になったが、その額15,000円/月。

うーむ。お高い。。

以前聞いた話によると病院から紹介された業者と必ずしも契約を結ばなくとも良いらしい。病院側は単に早くベッドを空けたいだけで、その手続きをスムースに行えるように業者を紹介するため、搬送のみ行ってもらって後は別の業者に頼んでも全く問題ないそうな。

しかし葬儀業界、特殊な業界だけに新規参入も難しい。と以前何かで見た覚えがある。低価格化は難しいんだろな。。とGoogle先生に聞いてみると、どうやらイオンが参入しているらしい。

イオンさん。
次回もうちと詳しく見てみようかと。

コムウェルセレモニー

も捨てがたいかも。

持ってなかったから急遽購入。。持ってない方は準備しておいた方がいいですよ。

スポンサーリンク




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする